男性の泌尿器科

男性の代表的な泌尿器疾患

前立腺肥大症

症状

  • トイレが近い
  • 尿が出にくい(勢いが弱い)
  • トイレが我慢できない

前立腺は膀胱の下にあり、尿道を取り囲むようにしてある臓器で、主に精液の一部を作っています。加齢と共に前立腺が肥大してくると、尿道が圧迫され、尿勢低下、尿線途絶、残尿感、頻尿、尿意切迫感など様々な症状を呈してきます。症状の有無や程度について確認し、簡単な血液検査や尿検査を行ったり、直腸診で肛門から指を入れて前立腺の大きさや硬さを調べたり、尿の勢いをみる検査や残尿測定をして前立腺肥大の程度を評価します。

治療としては、まずは薬物療法を行います。主にα1ブロッカーと呼ばれる前立腺の通りをよくする薬を中心に、前立腺を縮小させる薬、血流を改善させる薬などの内服薬の調整を行い、症状の改善を図ります。それでも効果が不十分な場合や、膀胱内に多量に尿が溜まっているのに尿が出せない状態(尿閉)を繰り返すときは、手術(経尿道的前立腺切除術:TUR-P)を検討しなければなりません。また、尿閉になった場合には、一時的に膀胱内に管を入れる導尿や尿道カテーテルの留置が必要になります。

前立腺炎

症状

  • 会陰部の痛み・不快感
  • 残尿感
  • 頻尿

前立腺に炎症を起こした状態で排尿時の痛み、残尿感、会陰部の不快感・違和感などの症状を呈します。急性と慢性があり、急性の場合は細菌が原因となり、症状は激しく、高熱を伴います。慢性のものは、デスクワークや運転など座位の時間が多い仕事の方に多くみられます。肛門から前立腺を触診(直腸診)をしたり、尿検査や採血を行い、薬物療法を行います。急性期の場合は抗生剤の内服や点滴が必要になることもあります。

過活動膀胱

症状

  • トイレが近い
  • おしっこしたくなったら我慢ができない

過活動膀胱とは、突然尿意を催したり、我慢が難しくなったり、時には間に合わなくて漏れてしまったりというような症状を呈する疾患です。膀胱が勝手に収縮したり、過敏な状態になっているため、尿が充分溜まっていないうちに、急に尿意が起こります。

診断

受診されたら、まずどのような症状があるのか確認し、尿検査をして感染やがんなどの疾患がないか調べたり、超音波検査で腎臓や膀胱に異常がないか確認したり残尿測定を行います。また、水分を摂りすぎることで頻尿になっていないかあるいは実際にどのくらいトイレに行っているかを客観的に評価するため、排尿日誌をつけていただくこともあります。

治療

治療としては、主にβ3作動薬や抗コリン薬などを使用して膀胱の収縮を抑制したり、膀胱を弛緩させて症状を改善させます。他に膀胱訓練や骨盤底筋体操などの行動療法があります。

神経因性膀胱

症状

  • トイレに行ってもすっきりしない
  • うまく尿が出せない
  • 尿が漏れる

脳や脊髄などの神経の障害が原因で、尿を溜めたり(蓄尿)、尿を出したり(排尿)することがうまくできなくなった状態です。中枢性(脳血管障害、パーキンソン病、脊髄損傷など)と末梢性(糖尿病、直腸の骨盤内手術後)があります。放置しておくと尿路感染症や腎機能障害を引き起こす場合があるので早めに受診することが大事です。

診断

問診で、尿意の有無、お腹に力をして排尿(腹圧排尿)していないか、残尿感がないかをなどの症状を確認し、尿検査や残尿測定を行います。

治療

まずはα1ブロッカーと呼ばれる排尿をしやすくする薬やコリン作動薬などの薬物療法を行います。それでも、尿閉をきたしたり、残尿量が多かったり、尿路感染を繰り返す場合、尿道カテーテル管理や間歇的自己導尿の適応となります。

尿路結石

症状

  • 急激な背中の痛み
  • 血尿

尿路結石とは、尿路(腎臓から尿道まで)に生じる結石のことで、存在する結石の部位によって、腎結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石と呼ばれています。結石のほとんどが腎臓で作られますが、腎臓にあるうちは、無症状のことが多いです。尿とともに尿管に落ちてきて尿路をふさいでしまうと背中や脇腹(側腹部)や下っ腹(下腹部)に激しい痛みが出たり、血尿が出ることがあります。この状態を放っておくと腎機能が低下することや、尿路感染を引き起こして、高熱が出て重篤な敗血症に至ることもあり、早期に受診することが大事です。

診断

検査は、尿検査、血液検査で血尿の有無や感染兆候があるか腎機能の悪化がないかを調べ、超音波(エコー)検査、レントゲン、CTといった画像検査で結石の位置、サイズ、水腎症や尿管拡張(尿路の閉塞を表す)の程度や有無などを評価します。

治療

症状がなく、尿路の閉塞や感染も引き起こしていない小さな結石に対しては、基本的には治療の必要はありません。また、大きさが1cm未満の尿管や膀胱に落ちてきた結石の多くは、尿と一緒に自然に排石(結石が体外に出ること)が期待できるため、十分な水分摂取と結石を出しやすくする薬物療法(排石促進薬と鎮痛薬の内服)で、排石を待ちます。結石の大きさが1cmを超え、自然に排石することが困難と思われる場合や、1cm未満の結石でも1ヶ月以上経過観察しても、結石が全く下に降りてこない場合は、薬物療法だけではなく、体外から衝撃波を加えて結石を砕く体外衝撃波結石破砕術(ESWL)や、尿道から内視鏡を入れて直接結石を砕く経尿道的尿管結石破砕術(TUL)などの手術が必要です。

悪性腫瘍(がん)

泌尿器科領域の悪性腫瘍には、男女ともに発症しうる腎がん、腎盂尿管がん、膀胱がんと、男性特有の前立腺がん、精巣腫瘍、陰茎がんがあります。

腎がん

腎がんは腎臓にできる腫瘍で、初期の段階ではほとんど症状がなく、健診で受けた超音波検査でたまたま発見されるケースが多くなっています。進行すると血尿、腹部のしこり、発熱などの症状が現れることもあります。

腎盂がん、尿管がん、膀胱がん

腎臓で作られた尿が膀胱に行くまでの通り道にできる腫瘍です。痛みを伴わない血尿(無症候性血尿)が出ることも多く、健診で尿潜血を指摘されたり、尿細胞診と呼ばれる検査でがんを疑う異型細胞が検出されることもあります。超音波やCTなどの画像検査も有用です。

前立腺がん

症状

  • PSA高値を指摘された
  • 血尿が出る

初期の前立腺がんには自覚症状がないことが多く、症状が出た場合でも前立腺肥大症の症状によく似ています。さらに進行すると血尿や骨転移による腰痛などが起こります。

診断

診断にはPSA(前立腺特異抗原と呼ばれる腫瘍マーカー)の採血が有用です。健診や検診でPSAを指摘された方は、精密検査が必要であり、肛門から指を入れて前立腺を触診する直腸診、PSAの再検、MRIによる画像検査を行い、がんが疑わしい際は、前立腺生検(組織を採取してがんの有無を調べる)によって確定診断を行います。

治療

治療法は、ホルモン療法、手術、放射線治療などがあります。がんの発生部位や悪性度、広がり具合、患者さんの年齢・状態などさまざまな状況を総合的に判断して適した治療法をご提案させていただきます。当院ではホルモン療法を行なっておりますが、手術や放射線治療を希望される場合は、専門医療機関をご紹介します。

精巣腫瘍

陰嚢内にある精巣にできる腫瘍で、他のがんと異なり、20〜40代の若い世代に発症することが多いです。陰嚢内容の無痛性腫瘤や硬結(痛みを伴わないしこり)を呈することが多く、採血で腫瘍マーカーを調べたり、超音波やCTによる画像検査が有用です。痛みがないため放置して進行してしまうケースもあり、片側の精巣が腫れる、急激に大きくなる、硬いしこりがある場合は早めに受診してください。

いずれのがんも早期診断早期治療が大事であり、当院で検査してがんが見つかったり、疑わしい場合は、さらなる精査や治療のため、速やかに大学病院や近隣の医療機関へ紹介させていただきます。

男性更年期障害(LOH症候群)

  • 性欲が低下した
  • 勃起力が弱くなった
  • 元気ややる気がなくなった
  • 発汗やほてりがある

LOH症候群とは、Late-onset hypogonadism(加齢男性性線機能低下)の略であり、加齢に伴い男性ホルモン(テストステロン値)が低下することにより男性更年期症状がみられます。症状としては、倦怠感や気力の低下、うつ症状、性機能低下などさまざまな症状を呈します。

まずは、問診とカウンセリングを行い、採血で男性ホルモン、PSA(前立腺がんの腫瘍マーカー)を測定します。治療としては男性ホルモン(テストステロン)注射による男性ホルモン補充療法を行います。ただし、男性ホルモン補充療法には除外基準があり、それを満たせた場合のみ行います。

性感染症

性行為を介して感染する性感染症の原因は、主に細菌やウイルス、真菌や寄生虫などが考えられます。感染するとさまざまな病気を引き起こし、排尿障害などの症状がでます。感染は他者に伝染する恐れもあり、早期治療が大切です。感染が判明した際はパートナーも医療機関への受診をお勧めします。感染の有無を一緒に検査するよう心がけましょう。悪化に伴う将来の不妊や母子感染を防ぐために、症状を放置せずにできるだけ早くご相談ください。
※保険を使わず、自費での診療も行っておりますので、ご要望あれば受付時にお申し出下さい。

性器クラミジア感染症

症状

  • 排尿痛
  • 尿道に違和感を感じる
  • かゆみを感じる

性器クラミジア感染症は若年層の男女に多い病気です。陰部にかゆみや排尿時の痛みを感じますが、いずれも症状が軽く、感染に気づかないケースがほとんどです。男性は尿道炎が多く、女性は子宮頸管炎や肝周囲炎、骨盤内付属器炎などを発症します。おなかに赤ちゃんがいる場合は産道から感染し、新生児に悪影響を及ぼす恐れもあります。

性器ヘルペス

症状

  • 性器にかゆみや不快感がある
  • 性器に水ぶくれができた
  • 性器が痛くて歩くことができない

ヘルペスに感染すると、性器や肛門、口腔周辺の皮膚や粘膜に、水ぶくれや痛みを伴うようになります。女性の場合は膣内や子宮頸管、膀胱などの体内にまで症状が及ぶケースもあり、注意が必要です。なかには、感染した箇所が赤く腫れたり、発熱したりするケースもあります。

淋病

症状

  • 性器にかゆみや不快感がある
  • おしっこをすると激しい痛みを感じる
  • 尿道から膿がでる

淋病にかかると、尿道に侵入した淋菌が炎症を引き起こします。感染から2~7日の潜伏期間を経て発症し、尿道の痒みや熱などの初期症状が現れ、重症化すると黄色い膿が尿道口から出たり、ペニスの先端に強い痛みを感じたりします。まれに、抵抗力が弱い高齢者や子どもが、銭湯やトイレから感染するケースもあります。

尖圭コンジローマ

症状

  • 陰部にイボができた
  • 陰部が痛い、かゆい
  • 陰部にカリフラワーのようなイボができた

尖圭コンジローマとは、HPV(ヒト・パピローマ・ウイルス)により、性器や肛門付近にイボができる病気です。性行為によって多くの方が感染します。多くの場合は免疫反応によりウイルスを排除できますが、それ以外の場合で発症します。痛みやかゆみなどの自覚症状がほとんどなく、イボができてから感染に気づく人がほとんどです。男女ともに性器周辺に症状が見られますが、女性の場合は膣や子宮頸部など、体内にまで症状の範囲が及ぶ可能性があります。

ED(勃起障害)

EDとは勃起障害(Erectile Dysfunction)のことで、原因としては神経や血管に障害がある器質性とストレスなどの心因性に分けられます。まずは問診とカウンセリングを行い、採血で糖尿病などの生活習慣病がないかを調べ、ホルモンの値を確認します。治療は薬物療法で、患者さんの症状やご希望に合わせたお薬を処方します。
※EDに関しては自費診療および院内処方となりますのでご了承下さい。

お気軽に
お問い合わせください

【電話受付】9:00~13:00 / 14:30~17:00
※木曜、日祝休診

泌尿器科・内科の診療時間

※受付は診療終了時間30分前までとなります。
発熱外来は9:00~10:00 / 14:30~15:30となります。
【休診日】木曜、日曜、祝日

小児科の診療時間

※受付は診療終了時間30分前までとなります。
発熱外来は9:00~10:00 / 14:30~15:30となります。
乳幼児健康診査は水・金11:30~12:30 / 15:30~16:30(予約制)となります 。
予防接種は水・金・土10:30 ~11:30 / 15:30~16:30(予約制、土曜は午前のみ)となります 。
★第2、第4土曜のみ、診療を行っています。
※火曜、水曜、金曜、土曜は小児科専門医が担当いたします。
【休診日】木曜、日曜、祝日

ページトップへ戻る